代表挨拶

エヴォルモンド神戸ゴールキーパースクール代表:桝永 恭男

GKスクール代表

はじめまして、エヴォルモンド神戸ゴールキーパースクール代表の桝永恭男です。

九州は熊本で小学4年生から本格的にサッカーを始め、多くの方にサポートしてもらいながらとても充実した選手生活をおくってくることができました。

選手生活を終えた後も理学療法士の知識や技術を活かし、トレーナーとして選手のリハビリに携わってきました。

このような経験をしてきた私は、サッカーを通してたくさんの友人や先輩、後輩ができ、社会人になってもお互いに刺激し切磋琢磨しあったり、いろいろなアドバイスを受けたりするという貴重な財産を築くことが出来ました。

これはスポーツが持つ素晴らしい魅力の1つだと考えています。

そんな経験をしてきた私は、いつかサッカーを通して、“あいさつ”をはじめ、礼儀作法や感謝することなど人間として大切なことを伝える場所をつくりたいと考えていました。

ゴールキーパースクール立ち上げのキッカケ…

私はフィールドプレーヤーとしてサッカー選手時代を送ってきましたが、高校生の時に専門のGKコーチから、チームのGKを指導してもらえる機会がありました。

見る見るうちに私のチームのGKは成長し、熊本県を代表するGKにまで成長しました。そこで強く感じたのは、GKは専門職だけに専門的なトレーニングが必要だということです。

日本はフィールドプレーヤーのコーチは格段にレベルが上がってきていると聞いています。

しかしながら、GKに関しては、まだコーチの人数が限られているために悩んでいる選手が多いと聞いています。

そこでGKスクールを開校し、お世話になった神戸とサッカーに対して少しでも恩返ししたいと考えています。そして、GKの悩みの解決できる場所を提供したいと考えます。

ページ上部へ戻る